人気のリピート系FX『ループ・イフダン』で勝つ方法 ~買いか?売りか?エントリー方法~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資歴9年のライター児山です。

FXで安定的に利益を上げるためには、基礎知識や売買テクニックは不可欠ですが、最近では「初心者にも簡単にFXができる」ということから自動売買取引に人気が集まっています。そこで、人気トレンドである自動売買取引の中でも、リピート系にあたる『ループ・イフダン』で勝つための知識を、全4回で解説します。

第2回のメインテーマは、「エントリー方法」。
ループ・イフダンは年率26%実績がありますが、誰でも必ず勝てるわけではありません。勝敗を大きく左右するのが、「エントリー方法」です。とくに「売り買いの選択」は利益に直結する非常に重要なこと。少し長文になりますが、これを読んでループ・イフダンのポイントを理解し、あなたも年率26%!いや、もっと上を目指してほしいと思います 。

リピート系FXとは?

リピート系とは、「いくつかの条件を設定し、売り買いを繰り返す自動売買のこと」です。リピート系の金融商品を扱う会社はいくつかありますが、たとえば、ひまわり証券のリピート系FX『ループ・イフダン』は、3つの設定(通貨ペア、値幅、売買の方向)を選んで稼働させておくだけ。ほったらかしで年率26%以上を達成しているというので、驚きです。

リピート系FX『ループ・イフダン』とは

ひまわり証券は、実は日本ではじめてFXを個人に提供したFX 会社で、「エコトレ」という自動売買も業界に先んじて提供したことで有名です。
ひまわり証券が提供しているリピート系の『ループ・イフダン』とは、どういったサービスなのでしょうか。

・一定の値幅ごとに自動で注文を繰り返し、利益が出たポジションを決済
・一度エントリーしたらシステムが自動で運用するので、ほったらかしでOK
・運用しやすいことから、初心者を中心に人気

詳しくはこちら:ループ・イフダンの仕組み

筆者も普段から、投資資金を増やした後は、ある程度の資金を余剰資金として待機。少しでも安定的に資産を増やせる金融商品に換えていたりしますので、このパフォーマンスはかなり魅力的に感じます。

ループ・イフダンの「エントリー方法」

ループ・イフダンを運用するためには、「通貨ペア」、「売りor買い」、「ループ幅(値幅)」の3つを選定する必要があります。
通貨ペア選びからシステム稼働までの主な流れは、以下の通り。

1.通貨ペアを決める
2.売りか買いかの方向性を決める
3.売買する値幅を決める
4.1回の取引量と最大ポジション数を決める
5.システム稼働!

初心者はこれらの設定が難しそうに感じるかもしれません。でも大丈夫です。
システムの運用に必要な最低資金や直近~過去1年のパフォーマンスランキングが以下のように表示されていますので、参考にしながら選べるので安心です。

出典:ひまわり証券取引ツール

売りか?買いか?を決めるまでの流れ

ループ・イフダンにおいて、売りか?買いか?売買の方向性を決めるのは、通貨ペアを選定した後となります。
自分が選んだ通貨ペアの「中長期的な方向性」を考えて、売買の方向性を決定します。この時に、スワップポイントの支払いも考えておきましょう。あとで詳しく説明しますが、ループ・イフダンでは基本的に値幅とスワップポイントの両取りが一番利益に繋がることから、「基本的には買い方向」で考えることが良いでしょう。

次に、売買の方向性を決める材料となる情報について説明します。

トレンドを読む(1)ファンダメンタルズ分析

売買の方向性を決める判断は、『ファンダメンタルズ』と『テクニカル』の2つの分析を元に判断していきます。

ファンダメンタルズとは?

ファンダメンタルズという言葉を聞いたことがない読者もいると思いますが、各国の景気や金融政策、ニュースを元に今後の相場の行方を予測する方法です。
詳しくはこちらの記事:1から始めるFX -実践編- 初心者にオススメの中・長期投資とポイント

各国から景気状況などの経済指標が発表されていることはご存知でしょうか?
その結果から将来、その国の景気は上向くのか、悪化するのかを予想するのがファンダメンタルズ分析です。経済指標の場合は、単月で見ずに3ヶ月くらいのスパンで見て安定して成長していると景気が安定していると判断しましょう。

初心者には難しそうに聞こえるかもしれないが、大きな流れを知ることができると、ループ・イフダンの活用に役立ちます。あまり難しく考えずに、まずは知ってみることが大切です。ファンダメンタルズを知ると、日々の国際ニュースもどのような背景で動いているのか理解することができ、ニュースを見るのが楽しくなりますよ!

筆者はファンダメンタルズ分析として「景気」「物価動向」「金融政策」の3つの指標を重要視しており、とくに以下を経済指標として参考にしています。

・景気……雇用情勢、小売売上高、貿易収支

これらの指標は基本的に、「景気が良いと失業率は低下・雇用者数は増加、小売売上高は伸びる」という傾向があります。
貿易収支は、通貨ペアの土台となります。たとえば、日本の製品がアメリカで爆発的に売れているとします。この場合、日本企業がアメリカのドルで大量の売り上げを確保し、いつかは日本に戻すことになります。その際に、米ドルを売って日本円を買う、つまり円高要因となるためにドル円は下落しやすくなります。

・物価動向……インフレ率

少々分かりづらいのが、物価動向です。基本的に物価が上昇していると、通貨が買われやすく、下落していると売られやすいと考えてください。「インフレは買い、デフレは売り」です。
景気が良いから給料が上がる。給料が上がると消費が増える。消費が増えるとモノの値段が上がる。モノの値段が上がる=物価が上がるというサイクルです。この状態が穏やかに続いていると、世の中におカネが回りますので、景気が良い状態が継続します。

・金融政策……米:FOMC、欧州:ECB、日本:日銀金融政策決定会合

中央銀行が金利を上げたり、通貨の流通量を調整することが金融政策です。難しそうですが、「金利の上昇局面ではその通貨は買いで、下落局面では売り」だと考えてください。
金融政策は物価や景気と連動しますので、景気が悪くて物価も下落しているのに、金利を上げるということは行いません。景気が良い場合は、金融政策も通貨が買われる方向に動くと考えておきましょう。

景気が良い ⇒ 金融引き締め=買い:利上げ
景気が悪い ⇒ 金融緩和=売り:利下げ

・スワップポイントについても押さえておく

スワップポイントは運用を左右する要因のひとつです。
たとえば、米ドル円を10,000 通貨買うと円40円付与されますが、売った場合は80円支払わなければなりません。(2018年4月18日時点)
ループ・イフダンでは中長期でポジションを保有し続けることもありますので、スワップポイントも考慮して売買の方向性を決めた方が良いでしょう。たとえば、ドル円が円安に進むと予測し、ドル円を10,000通貨、買いでエントリーし3ヶ月間保有したとします。
その場合のスワップポイントは、3,600円となります。
計算式は 40円×90日(3ヶ月)=3,600円
これに取引の損益が加わります。

これらを加味してポジションを保有することが重要となります。

トレンドを読む(2)テクニカル

テクニカル分析とは、これまでのチャートを分析して先行きを予想する方法です。
ループ・イフダンでのテクニカル分析は、相場の大枠(トレンドかレンジか)を捉えることができればうまく活用することができます。

相場のトレンドは、大きく5つ「上昇」「上昇中の調整」「下落」「下落中の調整」「レンジ」に分かれます。

※参考:米ドル円週足チャート

出典:ひまわり証券

調整局面の判断が難しいところですが、まずはざっくりと「今がどの局面なのか」を把握しましょう。

そのためのテクニカル分析として、「単純移動平均線」と「トレンドライン」を引くという方法があります。利用するチャートの期間は、日足以上で良いでしょう。

移動平均線は複数表示させましょう。
ループ・イフダンの取引画面の中で、テクニカル指標に「単純移動平均線(SMA)」というボタンがありますので、クリックすると4種類の移動平均線が表示されます。
移動平均線は水色、青、紫、ピンクの4本ありますが、ピンクを除いた3本に注目しましょう。
詳しい見方は、こちらの動画をご覧ください。

見るべきポイントは、以下の2つです。

1.ローソク足と移動平均線の位置

筆者は紫の移動平均線を主軸として判断します。この移動平均線よりもローソク足が上にある場合は上昇トレンド、下にある場合は下落トレンド。移動平均線を挟んで動いている場合はレンジ相場と判断します。

2.移動平均線の向き

移動平均線はローソク足に連動して向きが変わります。
単純に移動平均線が上を向いている時は上昇トレンド。下を向いている時は下落トレンド。角度が長く上下している場合は、レンジ相場と判断できます。

これらの知識を知った上で、チャートを見てみましょう。
移動平均線だけでもトレンド予測ができることが分かるかと思います。

※参考:ドル円週足チャート

出典:ひまわり証券

・トレンドライン

トレンドラインは、チャートの高値と高値、もしくは安値と安値を線で結んでトレンドを明確にしたものです。
もしくは、水平線を引いて相場の節目をより分かりやすくする方法もあります。

何となくでも良いので、まずはラインを引いてみましょう。きれいにラインが引けるところがトレンドラインであり、相場参加者が注目している価格となります。

では、先ほどの移動平均線が入っているチャートにさらにトレンドラインを引いてみましょう。

※参考:ドル円週足チャート

出典:ひまわり証券

こうやってみると、107円前半が相場の節目となっていることが分かります。今の相場では、ここを上抜けると買い。下抜けると売りという判断を行うことができます。

このようにラインを1本引くだけで、簡単に売買戦略を立てることができるのです。

これに慣れてきたら、さらにオシレーター系の指標なども活用してトレンド予測の精度を上げることをオススメします。
詳しい内容は「知っておくべきテクニカル分析5選」をお読みください。

あとは、先のファンダメンタルズ分析と掛け合わせて、総合的に判断。最終的に売り買いどちらでエントリーするかを決めれば、相場分析は完成です。

最初のうちは、いろいろなテクニカル指標を出さずに、移動平均線とトレンドラインに絞りましょう。シンプル・イズ・ベスト! 移動平均線は誰だって見ているので、それだけでも十分に戦えますよ。

売りか? 買いか? を決める時にしてはいけないこと

ループ・イフダンは、スワップポイントも加味すると、基本的に買いの戦略の方が収益が上がりやすくなります。そのため、どうしても買いを基本で考えてしまいがちです。
しかし、明らかに売りトレンドが発生している場合は素直に売りで入るようにしましょう。FXではトレンドに乗ることが重要ですので、その方が収益が上がりやすいことは明確です。

また、レンジ相場でループ・イフダンを稼働する時にも、参入するタイミングで注意が必要です。たとえば、米ドル円が105円から115円のレンジ相場だったとしましょう。この場合は、スワップポイントを付与されることから、買いで入ることが有利です。

しかし、112円で参入した場合に相場が106円まで下落してしまったらどうでしょうか。細かく利益確定を行っていったとしても、いくつかのポジションは含み損を抱えたままになってしまう可能性があります。その後、相場が元に戻ったとしても、少し資金効率が悪いですよね。まして105円を割り込んでしまった場合は大きな損失となってしまいます。

そのため、レンジ相場でループ・イフダンを稼働させる場合には、レンジ幅の半値以下で稼働させるようにした方が良いでしょう。

そして、どんな時でも現在の価格が正しいということを忘れてはいけません。どんなに相場が上がりそうな材料が出たとしても、相場が上昇しなければ撤退しなくてはいけません。そういった意味では、ファンダメンタルズ分析よりもテクニカル分析を重視した方が良いといえます。
もし、自分の予想と逆に動いたり判断に迷った場合にポジションを保有していた場合は、一度仕切り直しを行うようにしましょう。

また、ループ・イフダンの調子が良くて安定して収益が上がっている場合でも、1日に1度はチャートを見るクセをつけましょう。やはり、経験に勝るものはありません。毎日チャートを見続けていると、ある時に上がるチャート、下がるチャートというカタチが分かる時が来ます。それほど時間も掛かりませんので、今後のパフォーマンスが良くなると思って、チャートを毎日見ることを習慣にしましょう。

また、日頃から経済指標やニュースに慣れておくために、TVの経済系のニュースを見たり、FX会社の情報レポートなどで情報を取得するとよりマーケットが身近に感じられるようになります。ひまわり証券もマーケット情報を公開していますよ。

損切りポイント

損切りポイントに関しても改めて書いておきます。ループ・イフダンは普通のFXとは少し違う性質を持っています。普通のFXでは5%程度も損失を出すと損切りを行う必要があります。しかし、ループ・イフダンは細かく利益確定を行っていくために、10~15%程度の損失までは許容しても良いのではないでしょうか。

しかし、損失額に限らずに上に書いた移動平均線やトレンドライン分析により、明らかに相場の流れが変わった場合には、躊躇なく仕切り直しを行い流れに乗るようにしたいですね。

1番やってはいけないことは、理由が曖昧なまま決済してしまうことです。何となく下がりそうなど、損失に耐えられないから決済しようなど、不安感から行動を起こすのは避けた方が良いです。不安になった時にポジションを閉じることは大切ですが、今後に生かすために何でも良いので損切りを行った明確な理由を説明できるようにすることが大切です。

そうすることで、今後のトレードの精度が向上し、よりよりパフォーマンスを出すことに繋げることができます。

まとめ

ループ・イフダンに限らず、相場分析はファンダメンタルズとテクニカルの両方面から判断するようにしましょう。
テクニカル分析だけだと、思わぬビックイベントや悪材料を見落としがちです。押し目だと思って買いで入ると、「実はとんでもない悪いニュースが出ていた」ということがしばしばありますので、相場急変時にはニュースをチェックするようにしましょう。

また、ファンダメンタルズ分析だけだと、相場の過熱感の把握やエントリーポイントがつかみづらくなります。タイミングが読みづらく、材料が価格に織り込まれているかどうかを分析するためにも、両方同時の分析は欠かせません。

ただし、どちらも奥が深いので、突き詰めると逆に分からなくなってしまうこともしばしばあります(笑)初心者の場合は、難しく考えすぎないようにシンプルに考えると良い結果が出るかと思います。ひまわり証券が無料でマーケット情報を配信しているので、それらを参考にしながら自身の分析を少しずつ磨いていきましょう!

まとめると通貨ペアの選び方では、ドル円がオススメとお伝えしましたが、仮にドル円を選んで取引する場合、円安に進んでいくと思われますので、私は買いで入りますね。
如何でしたか?1回目は通貨ペアの選び方、そして今回は売りか?買い?どちらでエントリーするか?でした。1番迷われる点の解決になりましたでしょうか?
この記事を読んで早速はじめてみようと思った方は、下記からひまわり証券の口座開設ができます。詳しくはこちら:ループ・イフダンのかんたん口座開設

次回は「値幅の選定」について書きます。
お楽しみに!

ライタープロフィール
児山 将(こやま しょう)

2009年大学4年時にFX取引を始め、ビギナーズラック後にお約束のように強制ロスカット。飲食店勤務を経て、大手金融メディアでライター兼サイト制作を行う。ファンダメンタルズ分析を基本とし、株式、CFD、仮想通貨など多数の金融商品で短~中期取引を行い、毎月給料を超える収益を得る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

外為学部のfacebook

ページ上部へ戻る