人気のリピート系FX『ループ・イフダン』で勝つ方法 ~通貨ペアの選び方~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資歴9年のライター児山です。

FXで安定的に利益を上げるためには、基礎知識や売買テクニックは不可欠ですが、最近では「初心者にも簡単にFXができる」ということから自動売買取引に人気が集まっています。そこで、人気トレンドである自動売買取引の中でも、リピート系にあたる『ループ・イフダン』で勝つための知識を、全4回で解説します。

第1回のメインテーマは、「通貨ペアの選び方」。

ループ・イフダンは年率26%実績がありますが、誰でも必ず勝てるわけではありません。まずは勝ち方(通貨ペア選びやエントリー方法)、撤退方法、リスクについて理解し、運用を始めることが重要です。少し長文になりますが、これを読んで、あなたも年率26%!いや、もっと上を目指してほしいと思います。

自動売買取引には「システムトレード」と「リピート系FX(半自動売買)」がある

まず、自動売買取引には、ストラテジーを選び、システムが自動で運用する「システムトレード」と、通貨ペアや値幅などを自分で設定するリピート系FXとよばれている「半自動売買」の2つがあります。

今回は、リピート系FXを詳しくご紹介します。

リピート系FXとは?

リピート系とは、「いくつかの条件を設定し、売り買いを繰り返す自動売買のこと」です。リピート系の金融商品を扱う会社はいくつかありますが、たとえばひまわり証券のリピート系FX『ループ・イフダン』は、3つの設定(通貨ペア、値幅、売買の方向)を選んで稼働させておくだけ。ほったらかしで年率26%以上を達成しているというので、驚きです。

リピート系FX『ループ・イフダン』とは

ひまわり証券は、実は日本ではじめてFXを個人に提供したFX会社で、「エコトレ」という自動売買も業界に先んじて提供したことで有名です。

ひまわり証券が提供しているリピート系の『ループ・イフダン』とは、どういったサービスなのでしょうか。

・一定の値幅ごとに自動で注文を繰り返し、利益が出たポジションを決済
・一度エントリーしたらシステムが自動で運用するので、ほったらかしでOK
・運用しやすいことから、初心者を中心に人気

詳しくはこちら:ループ・イフダンの仕組み

筆者も普段から、投資資金を増やした後は、ある程度の資金を余剰資金として待機。少しでも安定的に資産を増やせる金融商品に換えていたりしますので、このパフォーマンスはかなり魅力的に感じます。

ループ・イフダンの「エントリー方法」

ループ・イフダンを運用するためには、「通貨ペア」、「売りor買い」、「ループ幅(値幅)」の3つを選定する必要があります。
通貨ペア選びからシステム稼働までの主な流れは、以下の通り。

1.通貨ペアを決める
2.売りか買いかの方向性を決める
3.売買する値幅を決める
4.1回の取引量と最大ポジション数を決める
5.システム稼働!

初心者はこれらの設定が難しそうに感じるかもしれません。でも大丈夫です。
システムの運用に必要な最低資金や直近~過去1年のパフォーマンスランキングが以下のように表示されていますので、参考にしながら選べるので安心です。

出典:ひまわり証券取引ツール

それでは、ループ・イフダンの運用で最初に設定が必要な「通貨ペアの選び方」について解説します。

ループ・イフダンの「通貨ペアの種類」

ループ・イフダンで取り扱っている通貨ペアの種類は、全部で5つ(ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル)です。
※2018年4月現在

クロス円やユーロドルなど、FX初心者にも馴染みが深い通貨なので、安心感があるでしょう。あくまで私の私見ですが、南アフリカランドなどの高金利な新興国通貨を採用していない理由は、たまたま円安に続いた場合は、スワップポイントと円安の両方の恩恵を受け高い利益を上げることができますが、一度円高に動き始めると激しく暴落することも度々あるからではないかと思います。中長期の運用で着実に利益を積み上げることに重きを置いているループ・イフダンのシステムの趣旨には合わないからではないでしょうか。
そういった意味で、値動きが安定しており突発的なリスクが少ない通貨ペアのみを取り扱っていることは、初心者にとっては安心感があります。

5つの通貨ペアは、値幅や値動きにそれぞれの特徴がありますので、自身の運用方針に見合った通貨ペアを選ぶようにしましょう。
では、どのように自分に合う通貨ペアを見つけるかを説明します。

知っておきたい「通貨ペアの特性」

まず、「通貨ペアの特性」を覚えましょう。

・米ドル円

米ドルと日本円の組み合わせで、日本人には1番馴染みがある通貨ペアでしょう。FXの取引量は、世界で2番目に大きいです。値動きの特徴としては、比較的安定しており、乱高下が少ない通貨ペアです。
100円や101.50円など節目が意識されることも多く、初心者でもトレンド相場かレンジ相場なのか、比較的分かりやすい通貨ペアです。

・ユーロ円

日本ではドル円のつぎに取引量の多い通貨ペアです。ユーロドルの影響を受けることが多く、世界的にリスクオンの相場状況ではドル円よりも円安に動く傾向にあります。日経平均株価が上昇している時に連動して円安に動きやすい傾向にあります。

・英ポンド円

イギリスのポンドと日本円のペアで、値動きが荒いことで知られています。そのため、初心者には少し難しい通貨ペアといえます。ドル円の3倍ほどの値動きがあるとイメージすると良いでしょう。2016年からのEU離脱問題などを抱えているため、取引する際はEUとの交渉のイベントなどに注意する必要があります。

・豪ドル円

オーストラリアドルと日本円の通貨ペア。取引量はそれほど多くありませんが、値動きはドル円と同じくらい落ち着いています。2009年半ばから記事執筆時点の2018年4月まで70円~105円の大きなレンジ相場の中にあります。大きな金融ショックがない限り、このレンジ相場の中での値動きとなりそうです。

・米ドルユーロ

世界で1番取引されている通貨ペアでFX取引市場の3割のシェアを誇ります。米ドルが買われているのか売られているのかのモノサシとして見られており、他の通貨に影響を与えることも大きい通貨ペアです。EU離脱問題の渦中にありますが、長期のチャートを見ればレンジ相場かトレンド相場か比較的分かりやすいでしょう。
他の通貨ペアと違い、買いで保有した場合にスワップポイントを支払わなければならないので、買い戦略には適さない通貨ペアといえます(2018年4月時点)。

通貨ペア選びでは、馴染みがある「クロス円」の通貨ペアを選ぶ方が多いと思います。その場合、基本的には日本円とそれぞれの通貨の関係で円高に進むのか、円安に進むのかを考えれば良いでしょう。
つまりは、米ドル円の動きに左右される部分が多くなります。

ループ・イフダンの「通貨ペアの実績」

通貨ペアの特性を覚えたら、次に調べたいのは「通貨ペアの実績」です。各通貨ペアの過去の実績は、ひまわり証券の取引画面から見ることができます。
例として、ユーロ円とポンド円の過去1年間のパフォーマンスランキングを見てみましょう。こちらのランキングは、売買システムの順位で並んでおります。

ランキングの見方

・売買システム:通貨ペアと売り買いの方向性、売買の値幅
・通貨ペア:取引する通貨ペア
・最大ポジション:ループ・イフダンの最大保有ポジション
・決済損益pips:期間内に獲得したpips
・利用割合:ループ・イフダン利用者全てと比較する該当売買システム利用割合
・決済損駅グラフ:期間内の損益曲線
・最低必要資金:売買システムを稼働させるために必要な最低資金量

通貨ペアごとに『最大ポジション数』が分かれており、どの程度のポジションを保有することを許容すれば最大の利益が上がるのかが分かります。
また、

・ユーロ円

出典:ひまわり証券 ループ・イフダン取引画面

・ポンド円

出典:ひまわり証券 ループ・イフダン取引画面

どちらも決済pipsが1万を超えていますので、1000通貨で計算しても10万円以上の利益となります。

計算式:32位ループイフダンB40 EURLPYの場合
13732.0(決済損益pips) × 1000通貨(1pipsの利益が10円) =137,320円

ループ・イフダンの「絞り込み機能」

ループ・イフダンでは、以下の絞り込みで実績を調べることができます。

・期間:1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、半年、1年
・通貨ペア(米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル)
・ポジション方向(全ての方向、買い、売り)

運用期間ごとのパフォーマンスを検証することで、「直近の相場だけ調子が良かったのか」、「長期を通して安定しているのか」を知ることができます。
売買戦略の利用割合も分かるので、基本的に人気のあるものを選ぶと良いでしょう。
また、運用資金が決まっている人が多いでしょうから、最初に最低必要資金で売買戦略を決めると良いかもしれません。
ループ・イフダンの特性上、40万円ほどの資金があった方が良いと思いますが、10万円以下の資金で運用することも可能なので無理のない範囲からはじめることをオススメします。

通貨ペア選びの手順

通貨ペアの特性を覚え、実績を調べたので、いよいよ実際に通貨ペア選びをしていきましょう。

ループ・イフダンの運用前に「決めておくべきこと」とは?

まず、通貨ペアを選ぶ前に3つのこと(投資期間、目標、投資資金)を決めましょう。
ループ・イフダンの特長の1つとして、「長期で運用する方が結果プラスになる確率が高くなる傾向」が挙げられます。なぜなら、ループ・イフダンは相場が上下動を繰り返し思惑と逆に動いても売り買いを繰り返し細かく利益を確定。最終的に戻ってきた時にプラスになるからです。その特長を頭に入れて、投資期間と目標、投資資金を決めます。

・投資期間

米ドル円の値幅では5円くらいの値動きでもレンジ相場と判断して、そこにループ・イフダンを組み入れる。そのようにイメージしてください。短期間で見ると5円の値幅は大きな値動きですが、長期では5円の値幅は僅かでしかありませんし、トレンド相場ともいえません。その値動きを取っていくのがループ・イフダンです。
よって、投資期間は最低でも3ヶ月から1年以上で考えることをオススメします。

・目標

目標とは、「手元資金を1年で何%増やしたいか」ということです。ループ・イフダンでは年率26%と非常に良い結果を出している売買システムもありますので、20%程度を目標にすることもできるでしょう。ただ、利益が大きければリスクも高くなりますので、欲張らずに冷静な判断をしたいところです。
なので、一般的にFX投資では5~10%くらいを狙っていくのが良いかと思います。
とくに初心者のうちは、焦らず欲をかかずに目標設定をしましょう。損失が出た時でも5~10%を目指していれば、目標とのギャップに焦ることなく一度決めてエントリーしたループ・イフダンが挽回するのを待つことができるからです。

・投資資金

最も大事な「投資資金」の話をします。FXは少額資金から始められることが魅力の1つですが、ループ・イフダンに関しては必ずしも当てはまりません。なぜなら、通常のFXは売りか買いかでポジションを保有し値幅を狙っていくのに対して、ループ・イフダンは一定値幅の中の値動きを狙い複数のポジションを保有し、トータルで利益を積み上げるからです。そのため、ポジションを複数保有することが前提にあり、ポジションごとに証拠金が発生します。
もし資金が少ないと保有できるポジションが少ないため、逆に動いた時に耐えられる値幅も狭くなってしまいます。ループ・イフダンで勝つためには最低でも30万円くらいは必要と考えます。通貨ペアや売買戦略の幅を広げることを考えると、50~100万円程度の資金を用意できるとより安心して運用できるでしょう。

詳しくは、下記の通貨ペアごとの必要資金を見てください。
参考:ループ・イフダンの必要資金

期間、目標、資金が決まったらいよいよ、通貨ペア選びです。

通貨ペア選びでは「馴染みのある通貨」と「通貨ペアの値幅」の2点を重視しましょう。

1.馴染みの通貨ペア=値動きが予想できる通貨ペア

初心者の場合は、多くの人がドル円と答えるのではないでしょうか。毎日のニュース番組などでも取り上げられるため情報収集がしやすく、値動きも安定していることから、ざっとした値動きが予想しやすい通貨ペアです。この「ざっとした値動き」を収益に変えるのにループ・イフダンは良いシステムですので、初心者が始める場合はドル円がオススメといえます。

FXの経験が長い人はある程度分析もできると思いますので、ポンド円の値動きの派手さやユーロドルの値幅の大きさを味方につけるという選択もあるでしょう。

2.通貨ペアの値幅

それぞれの通貨ペアでは値動き幅が大きく違います。値動きが大きい順に並べると以下となります。

1.英ポンド円
2.ユーロドル
3.ユーロ円
4.ドル円
5.豪ドル円

基本的にループ・イフダンでは値幅の大きな通貨ペアを選ぶと、それだけポジションを多く保有することになります。そのため、資金量により選択する通貨ペアを選ぶことができます。また、もし予想を外れ相場が大きく動いてしまった場合には、損失となるリスクがあります。その際には、やはり値幅の大きな通貨ペアはリスクが高くなってしまいます。
初心者の場合は、米ドル円か豪ドル円を選ぶことをオススメします。

通貨ペアを選ぶ時にやってはいけないこと

自分に合った通貨ペア選びが分かったところで、早速運用を始めたい!と思う読者の方も多いかと思います。でも、これからする「大事な話」を必ず読んでから運用をはじめてください。なぜなら、相場に絶対はなく、プロでも勝率が5~6割程度といわれる世界なので、できるだけ負ける確率を減らす方法も一緒に知っておいてほしいからです。

1つ目は、自分に合った通貨ペア選びとは逆の行動を取ってしまうことです。
「ランキングの結果が良いから」と馴染みのない通貨ペアを選ぶことがあります。また、アナリストやレポートなどで「◯◯通貨ペアは、これから上昇する」などという情報があると、初心者の方は「早く買わないと!」という気持ちに苛まれることもあるでしょう。
知識と経験不足ですと誰かの意見を参考にすることは間違っていないと思いますが、必ずしもそれが当たるとは限りません。あくまで投資の最終判断は自分で行うことが重要なのです。

そのために、過去に取引をしたことがない通貨ペアの場合、値動きの特徴などが分からず、思惑と違う値動きとなった場合、どう対処して良いのか正しい判断ができない可能性が高いのです。
そのために、初心者の場合は馴染みのない通貨ペアを選ぶのは避けてください。

損切りポイント

最後にもう1つは、非常に大事な損切りポイント(撤退ポイント)について書いておきましょう。
相場が予想通りに動いて利益を上げていれば、自分の目標に到達した時点で利益を確定したり、さらに利益を積み上げるためにそのまま運用を続けることができます。しかし、なかなか決められないのが「撤退するタイミング」です。

私の撤退のルールをご紹介しておきます。これを参考にご自身の撤退ルールを設けて感情に左右されず、そのときがきたら潔く撤退をするようにしてください。

ループ・イフダンの特長は、長期で運用して利益を積み上げることにあります。そのため、短期の値動きを見て損切りをすることはオススメできません。
しかし以下のような場合になった場合は、一度損切りをしても良いのではないと考えます。

1.資金が15%マイナスになった時

自動売買に限らず、裁量トレードでもそうですが、予め許容できる損失を決めておくことが基本です。もしそれに到達した場合は、この後で相場が好転するかもしれないと思っても、一度仕切り直すようにしましょう。
また求めるリスクとリターンの比率が、リターンよりリスクが大きくならないようにしましょう。

2.明らかにトレンドが逆に変わった時

ループ・イフダンは相場の大きな波を細かく取っていくのに適していますが、その波が変わってしまった時は流れに逆らうことはしない方が賢明です。
相場で利益を上げるためには、順張りでトレンドに乗っていくことが良いというのはいうまでもありません。明らかにトレンドが変わってしまった場合は、損失を抱えていたとしても仕切り直しを行うことが大切です。
このトレンドの変化は、感覚的なものではなく、きちんとテクニカル指標などを見て判断しましょう。
たとえば、筆者の場合はチャートに水平線を引いて節目を明確にして判断します。

※参考:ユーロドル日足チャート

出典:ひまわり証券 取引システム

まとめ

自分に合った「勝てる通貨ペアの選び方」が理解できましたか?
まずは、自分の投資計画(目標や運用期間、資金など)を立ててみましょう。この時に、無理のない計画にすることが大切です。

そして、通貨ペア選びは得意な通貨ペアを選びましょう。今後の相場観がない、大きなイベントが起きる可能性のある通貨ペアはリスクが高いので除きます。初心者の場合は、まずはドル円から始めることをオススメします。

中長期で相場の方向性を予想できる通貨ペアを選び、運用を始める前に撤退する時の価格と同時に参入のタイミングもある程度決めておくことで、よりリスクを減らすことができます。もし自分の予想と逆に動いた場合は焦らずに、予め決めた「自分のルール」に従って対応してください。

お役に立てたでしょうか?ループ・イフダンに興味がある、あなたの悩みが少しでも解決できたなら嬉しいです。
この記事を読んで早速はじめてみようと思った方は、下記からひまわり証券の口座開設ができます。詳しくはこちら:ループ・イフダンのかんたん口座開設

次回は「エントリー方法」について書きます。
お楽しみに!

ライタープロフィール
児山 将(こやま しょう)
2009年大学4年時FX取引を始め、ビギナーズラック後にお約束のように強制ロスカット。飲食店勤務を経て、大手金融メディアでライター兼サイト制作を行う。ファンダメンタルズ分析を基本とし、株式、CFD、仮想通貨など多数の金融商品で短~中期取引を行い、毎月給料を超える収益を得る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る