32歳独身会社員(年収450万円)は、資産運用とどのように向き合うべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

32歳独身会社員(年収450万円)は、資産運用とどのように向き合うべきか?

 

| 32歳はトレードの経験を積むには最適

「32歳で関東圏に住む独身サラリーマンです。年収は450万円、貯蓄は400万円。結婚を考えている彼女がいます。結婚までに出来るだけ資産を増やしたいのですが、転職は考えていません。FXでの資産運用を始めてみようと考えているのですが、どのような運用が適切でしょうか?」

という相談を受けました。

恐らく、同じような悩みを抱えている人もいると思います。さて、どのように考えれば良いのでしょうか。

貯蓄が400万円。できるだけ資産を増やしたいとのことですが、何の努力も無しでいきなり資産を大きく増やせるほど、この世界は甘くありません。FXで大きく稼いでいる人たちの多くが、過去において大きな失敗を経験しています。それこそ、100万円くらいからFXを始め、2,000万円くらいまで増やしたのに、そこで大きな損を出して、また100万円に逆戻り、などという事例は、たくさんあります。FXで成功するためには、幾度となく大きな損を経験し、自分なりにさまざまな研究をし、そのうえでようやく「億トレ」になれるのです。一朝一夕に儲かるものではありません。

という厳しい現実があることを前提にしたうえで、相談者にどういうアドバイスをするか、ということですが、まず、32歳という年齢は、トレードの経験を積むには最適だということです。今の30代が将来、年金を受け取る年齢になった時、恐らくその条件は今以上に厳しくなるはずです。恐らく公的年金だけで、豊かな老後の生活を送るのは不可能でしょう。

 

| FXでお金を増やすには?

でも、FXや株式のトレードで、マーケットから利益を得ることが出来れば、老後の生活をそれほど心配する必要は無くなります。そのための準備として、32歳の今からトレードのスキルを磨くことは重要です。つまり「結婚前にお金を増やしたい」ではなく、もっと人生の先にゴール設定をして、トレードの経験を積んでいくことが大事なのです。

それでも、結婚前にFXでお金を増やしたいのであれば、スワップポイントを狙うのがオススメです。

たとえば貯蓄が400万円あるとのことですから、そのうち100万円を資金にしてFX投資をするのです。

現在、ニュージーランド・ドル/円の通貨ペアでニュージーランド・ドルを買うと、1日あたりで1万ニュージーランド・ドルにつき40円前後のスワップポイントが入ってきます(※2018年1月時点)。年間で計算すると1万4,600円です。現在、1ニュージーランド・ドル=80円前後ですから、仮に、10万ニュージーランド・ドルを保有した場合、入ってくるスワップポイントは、年間14万6,000円程度になります(年利14,6%)。

このように、定期的に発生するスワップポイントを獲得できれば、結婚した後、自分だけのお小遣いも確保できるという算段です。

【高金利通貨であるNZドル円でのスワップポイントの利益】


1〜3円程度の値動きは為替にはつきものですが、ある程度の証拠金があれば、多少の値動きがあってもロスカットされにくくなりますし、継続してスワップポイントを得られるチャンスがあります。FXと聞くと、ハイリスク&ハイリターンのイメージがありますが、上述のようにスワップポイントを賢く運用すると年利14.6%も現実的なものになります。40歳以降の人生をより豊かにするために、32歳から始める資産運用として、選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

投資に少しでも興味が湧いたという方は、下記の記事もお勧めです↓

20〜30万円がオススメ?その理由とは。

50代以上で平均貯蓄額0円が約3割!? 30代ではじめるから活かせる「複利」の力

なぜ、FX初心者の彼女たちが、約1ヶ月で100万円の利益を出すことができたのか?【インタビュー第1弾】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る