ズバリ祝日のFXってどうなの!?祝日とFXの関係について

ズバリ祝日のFXってどうなの!?祝日とFXの関係について

 

| 祝日でトレードをするにあたり注意しなければならないものとは?

「祝日」と言っても、日本の祝日、欧米を中心とした海外の祝日があります。

FXは基本的に24時間、土日を除くほとんどの日で取引可能です。日本が祝日で休みでも、欧米など海外のどこかでは取引が行われていますし、逆に米国の外国為替市場が休場でも、日本の外国為替市場が開いていれば、取引が行われます。

ということは平日、会社勤めでトレードが出来ないという人も、祝日は朝から大っぴらにトレードが出来るというわけです。

ただ、日本の祝日にしても、欧米など海外の祝日にしても、祝日にトレードをする際には、注意する点があります。それは、市場の流動性が低下していることです

最近は、東京市場の地位が低下していることもあり、たとえ日本が祝日で休場だったとしても、それほど流動性に大きなインパクトを及ぼすことはありません。ただ、問題は米国市場が祝日などで閉じている時です。

夏時間で説明してまいりましょう。

米国のニューヨーク市場が開いている時間は、日本時間の午後10時から翌日午前5時くらいまでです。米国市場が休場ということは、この時間帯がスッポリ抜けることを意味します。それでも午前3時までは、チューリッヒ市場やロンドン市場が開いているので、極端に流動性が低下することはありません。

しかし、午前3時以降になると、極端に流動性が低下する恐れがあります。「アーリーバード」と呼ばれるニュージーランドのウェリントン市場は、午前4時からマーケットが開くため、全くどのマーケットも開いていないという状況は避けられますが、米国が祝日だと、午前5時までの1時間は、ニューヨーク市場の流動性には期待できず、全世界の売り買いがすべてウェリントン市場に集中するのです。結果、この時間帯は流動性不足から、レートが大きく跳ねるケースがあります。

つまり祝日で気を付けなければならないのは、日本市場よりも米国市場なのです。夜の時間帯で、ニューヨーク市場などを中心にトレードをしている人は、米国の祝日を事前に把握しておく必要があります。そうすれば、意図しない値動きで焦ることもなくなります。

 

| ポジション整理の動きが生じやすい点にも要注意

ちなみに、米国の代表的な祝日は、次のようなものがあります。

1月1日 元旦
1月第3月曜日 キング牧師誕生日
2月第3月曜日 大統領の日
4月18日 聖金曜日
5月最終月曜日 戦没将兵追悼記念日
7月4日 独立記念日
9月第1月曜日 労働者の日
11月第4木曜日 感謝祭
12月25日  クリスマス

祝日当日の流動性には、前述の理由から十分に注意する必要がありますが、もうひとつの問題は、祝日にはトレードできないことから、その前日、前々日あたりにポジション整理の動きが生じやすい点にも、注意してください。つまり、マーケットが全体的にドルのロングだった時には、祝日の数日前から外国人投資家が、手持ちのドルポジションを整理する動きをする可能性があるのです。ここでレートが大きくブレるケースもあるので、ポジションを持っている投資家は十分な注意が必要です。

関連記事

外為学部

ページ上部へ戻る