個人投資家は休めることが何よりの強み!?

個人投資家は休めることが何よりの強み!?

 

| 投資家が陥りがちなポジポジ病とは!?

一時、「ポジポジ病」という言葉が流行りました。今も使われているのかな?

それはともかく、ポジポジ病とは、常にポジションを持っていないと気が済まなくなること。これは実際に投資をすると分かるのですが、最初の投資で多少なりとも利益が出ると、味を占めてまたポジションを持ちたくなりますし、損をしたら何とか取り返そうとして、またポジションを持ちたくなるわけです。

 

| 投資で大事なのはメリハリをつけること

でも、投資で一番大事なのは、メリハリをつけることです。ポジションを持たないと利益が出ないので、ポジションを持つこと自体は大事なのですが、同時に「休むも相場」であることを、頭の片隅に置いた方が良いでしょう。時には、ポジションを持たないことも大事なのです。

 

| トレンドが不明確なときは利益を上げづらい

具体的に、ポジションを持たない方が良い時は、次のようなケースです。

まず、先行きが全く見えない時。状況が混とんとしていて、先行きが全く見えない時にポジションを持つのは、勇気でも何でもありません。全く先行きが分からないという状況でポジションを持つのは、2分の1の確率で負けに行くようなものです。それは無謀というべきでしょう。

次に損がかさんでいる時。損失を被ると、何とかそれを取り戻そうとして熱くなる人がいますが、これはダメです。投資をする時は、常に冷徹な思考が求められます。そうしないと、正しい判断が下せなくなります。損失を取り戻そうとしてポジションを持つと、もうその時点で冷静な判断が下せなくなっていますから、次に取ったポジションでも損失を被るリスクが高まるのです。

 

| 運用が仕事のプロは、休むことが許されない

ただ、機関投資家といって資産運用を生業にしている人たちは、相場環境に関わらず、常にポジションを持つことが求められます

というのも、投資することが仕事ですから、ポジションを持たないと仕事をしていないのと同じになるからです。

加えて、これは株式運用の機関投資家に当てはまるのですが、今まで持っていたポジションを、相場の先行きが分からないからといって、いきなり投げるわけにはいかないのです。というのも、機関投資家の有価証券投資は、額が途方もなく大きいため、自分がそのポジションを全部売却したら、それだけでマーケットが崩れてしまう恐れがあるのです。

 

| 個人投資家は、「休む」事ができる!

最適なタイミングで取引すれば利益を上げやすい。

こうした理由で、機関投資家はポジションをゼロにすることが許されないのですが、個人は誰に指示されるものでもないので、自分の状況に応じて、ポジションをゼロにすることができます。これは、機関投資家には認められない、非常に有利な点ですから、「休むも相場」ということを頭に置いて、自分が自信を持てない局面では、ポジションを持たずに休むくらいの余裕を持って、トレードに臨むようにしましょう。

関連記事

外為学部

ページ上部へ戻る