テクニカル分析を制したものが相場を制する!?[PR]

テクニカル分析を制したものが相場を制する!?[PR]

 

| テクニカル分析だけで取引をするトレーダーも多数

マーケットを予測する手法としては、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が主流です。

どちらがより有効でしょうか。これは、投資するマーケットの性質、投資の時間軸によって違ってきます。したがって、ファンダメンタルズ分析が有効な時もあれば、テクニカル分析が有効な時もある、というのが正解でしょう。もしくは、両方を組み合わせて投資判断を下している投資家もいます。

時間軸で言えば、長期になればなるほどファンダメンタルズ分析が有効です。

たとえば株価は、中長期的には企業価値を反映します。企業価値とは、その企業が生み出すキャッシュフローであり、利益です。それを見極めるためには、ファンダメンタルズを分析するのが一番です。そして、企業のファンダメンタルズが株価に反映されるまでには、ある程度、長い時間がかかります。だから、中長期的な観点から株式に投資する場合は、ファンダメンタルズを見るのが大事になってくるのです。

では、短期になるとどうでしょうか。株式でも短期のトレードになると、心理戦の色彩が濃くなります。そして、相場の心理はファンダメンタルズには現れません。それを読み取れるのはテクニカル分析のみです。したがって、デイトレーダーは基本的にテクニカル重視です。

また、フェアバリューといって、価格の妥当値があるかどうかも、ファンダメンタルズ分析の方が有効なのか、それともテクニカル分析の方が有効なのかを分けます。

株価にはフェアバリューがあります。業績やキャッシュフロー、純資産価値などに照らして、今の株価が割高なのか、それとも割安なのかを判断できます。このように、フェアバリューを推測できる投資対象の場合は、ファンダメンタルズ分析が有効です。

しかし、為替にはフェアバリューが存在しません。為替レートはあくまでも異なる二通貨の交換比率に過ぎないからです。

このように、フェアバリューが存在していない投資対象の場合は、テクニカル分析が有効です。それと共に、一度トレンドが生じると、それが長続きする傾向があります。これは、フェアバリューが存在しないがゆえに、多くの市場参加者がトレンドについていこうとするからです。

つまりFXを制するためには、テクニカル分析を学ぶことが近道なのです。

ただし、テクニカル分析を学ぶには多くの時間と経験が必要となります。

 

| 技術の進化で初心者でもテクニカル分析が可能に!

有り難いことに、技術の進化で、未来の値動きを予測してくれるシステムが存在します。ひまわり証券の「さきどりテクニカル」です。

これは、名前にある通り、過去の動きを参考に自動計算することで、未来の方向感を予測(さきどり)してくれます。場がどっちのトレンドに強く向かうかを把握でき、売り買いのタイミングを初心者でも簡単に知ることができるという、テクニカルを極めるために膨大な時間を投資することを考えると、非常に有り難いシステムなのです。もちろん、これだけで勝てるというわけではないですが、少なくとも何もない状態で投資の世界に飛び込むよりは、1つの武器ができます。また、気になるさきどりテクニカルの実績については、近日の記事で公開しますが、非常に高いパフォーマンスを出していることから、様々な投資家の方に愛用されています。

ご興味ある方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

さきどりテクニカルhttp://sec.himawari-group.co.jp/report/sakidori/

関連記事

外為学部

ページ上部へ戻る