投資家は何を参考にトレードを行っているのか?

投資家は何を参考にトレードを行っているのか?

| 投資で必ず使うファンダメンタルズとテクニカル分析

買うか、売るかを決めるためには、判断材料が必要になります。

相場の判断材料は大きく2つあります。ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析です。

ファンダメンタルズとは「経済の基礎条件」のことで、FXでファンダメンタルズといえば、各国の経済成長率、インフレ率、金利、物価、雇用、国際収支などを示す経済指標を分析し、どの通貨を買うか、どの通貨を売るかを決めるものです。

【ファンダメンタルズ分析のイメージ】

s01

これに対してテクニカルは、おもに過去の値動きのパターンから、直近の値動きの相似形を抽出し、それに当てはめて将来の値動きを予測します。

【テクニカル分析のイメージ】

s02

テクニカル分析のポイントは、前述のファンダメンタルズも、市場参加者の心理も、全て価格に織り込まれている、と考えるところにあります。したがって、極端なテクニカル分析派は、ファンダメンタルズ分析をせずとも、テクニカルさえ分析すれば、ファンダメンタルズも含め、すべての価格決定要因を分析したのと同じこと、と考える傾向があります。FXには、様々な分析手法がありますが、その殆どが、このファンダメンタルズとテクニカル分析に基づいています。つまり、プロも初心者も、得られる情報は同じ。重要なのは、情報をどう捉えトレードに活用するかで、トレードの成績が左右されます。

では、分析手法の基盤となるファンダメンタルズとテクニカル分析。この2つの使い分け方についてご紹介しましょう。

| 時間軸で使い分けよう。ファンダメンタルズとテクニカル。

まず、ファンダメンタルズとテクニカルのどちらが正しいのか。それを決めつけることはできません。いずれも為替相場に影響を及ぼすからです。

ただ、ひとつ知っておくと便利な視点は時間軸の違いです。

短い時間軸でトレードをする場合は、ファンダメンタルズよりもテクニカルが大きく影響します。それは市場参加者の心理が、需給バランスに大きく影響するからです。加えて、短期のトレードをする投資家の大半が、テクニカルを見ているからです。チャートなどを見て、そこにトレンドが生じたら、他のトレーダーもどんどんその方向に乗ってきます。そして、トレンドが徐々に弱まると、今度は利食いが生じて、トレンドが反転します。こうした動きをテクニカルで見ているので、短期のトレードはテクニカルが強く作用するのです。

【市場参加者の心理が作るトレンド】
trend

 

対してファンダメンタルズは、極めて長い時間軸における為替レートの位置づけに影響を及ぼします。

たとえば、戦後の固定相場制だった1ドル=360円時代からのドル円を見ると、1995年の1ドル=80円までの流れは、まさに日本経済が戦後の高度経済成長期を経て、バブル経済に至るまでの「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を反映した動きでした。好調な日本経済と、大国病に悩んだ米国のファンダメンタルズの差が、為替レートに反映されてきたと考えられます。

【戦後の固定相場制から、変動相場性へ】

point

その後、ドル円は20年以上に亘り、大きなボックス圏の値動きであることが分かります。ワイドレンジではありますが、大体1ドル=75円から147円の間での推移が続いています。これは、日本の成長力に陰りが見えてきたからと考えられます。逆に、これからの日本は人口減少や財政難などさまざまな問題を抱え、経済的に縮小傾向をたどるとなれば、長期的に円安が進むことも否定はできません。

もっと言うと、英ポンドだって長期的に下落の一途をたどっている通貨です。戦後の固定相場制の頃、英ポンドは1ポンド=1,008円でした。それが2016年10月には1ポンド=123円の安値をつけています。まさに、イギリス経済の凋落を象徴する動きといっても良いでしょう。

【かつての世界No.1:イギリス経済の推移】

 

pond

このように、超長期で見れば、ファンダメンタルズ分析も十分にワークします。ただ、今後、長期的に円安が進むとしても、瞬間的に大きく円高方向にレートが振れるケースがあります。そのような時に、長期で円安だからといって、フルレバレッジでドル買いポジションを持っていたら、あっという間に強制ロスカットされるでしょう。

その意味で、長期的にはファンダメンタルズ分析も有効ですが、実際にポジションを持つ立場の時には、テクニカルを優先してチェックする方が、より現実的な相場の動きに対処しやすいとはいえるのです。

当然、トレーダーは上記のような性質は理解した上で、情報を有効活用しています。

投資スキルは、まさにそういった違いを「知っているかどうか」なのです。それにより、同じ情報でも捉え方が大きく変わり、結果、トレードの成績に反映されるのです。

 

| 投資スキルと経験を磨くために[PR]

トレードで勝つために必要なスキルと経験。これらを磨くためにサポートしてくれるのが、ひまわり証券のアカデミーチョイスです。

アカデミーチョイスでは、今晩のトレードに欠かせない経済情報や、トレードポイントなどが10分間に凝縮された、新しいスタイルのFX情報番組「Eveningチョイス」。有名なプロの経済の見方や実践に役立つトレードテクニックを講義してくれるWEB セミナー形式の「Seminarチョイス」。すべて無料で提供されており、初心者から上級者まで自分に合わせて情報を取得することが可能です。

「Eveningチョイス」
平日の月〜金曜日まで1日10分、注目の経済指標だけでなく相場が動く理由や背景を動画で解説してくれています。

基本的な「雇用統計」や「逆張り」などの単語の意味を解説してくれるコーナーもあり、1日10分のため、電車の移動中や休憩の合間などにスマートフォンからも手軽に見ることができます。

【初心者向けに分かりやすく解説されているひまわり証券のEveningチョイス】

news

資料:ひまわり証券

「Seminarチョイス」

FXの基礎から、経済の見方、実践に役立つトレードテクニックまで。講師がいるからこそ分かる、深みのある解説で分かりやすく学ぶことが出来ます。

毎回人気ですぐ満席になる鳥居万友美さんも講義。

torii

告知をしてからすぐ満席になり、増員を設けるほど、投資家から人気のあるセミナーです。是非一度覗いてみてはいかがでしょうか。

ひまわりFX アカデミーチョイスはコチラ [PR]

経済指標や注目のファンダメンタルズ情報の閲覧方法はコチラ

関連記事

外為学部

ページ上部へ戻る