見逃すな!トランプ大統領のツイッター発言

見逃すな!トランプ大統領のツイッター発言

| 多い時は1日8回以上も!トランプのつぶやき

米国では、大統領が就任してから100日間は、「ハネムーン期間」といって、大統領がどのような政策を打ち出してきたとしても、メディアはそれに対してあからさまに攻撃しないという慣習があります。要は、「最初の100日くらいはお手並み拝見」ということなのでしょう。

ただ、メディアは何も言わなくても、トランプにはツイッターがあります。これが曲者です。トランプ大統領のツイッター発言が、本当に本人が行っているものであるという前提で話を進めますが、正式な大統領に就任する以前、トランプ大統領は自分に対する批判について、徹底的に反論してきました。大女優、メリル・ストリープ氏から、過去の発言内容について批判された時も、即座にツイッターで反論のツイートをしましたが、正式な大統領になったからには、ツイッター上のコメントも米国大統領の公式発言になります

メリル・ストリープ,はハリウッドでとても過大評価されている女優の一人だ、彼女は私のことを何も知らないのに昨夜ゴールデングローブで非難してきた。彼女は。。。

ヒラリーは大敗した。もう100回くらい言っているか私は決して障害のあるレポーターを真似たりしていない(絶対そんなことしない)ただ彼に。。。

彼は16年前の話を勝手に書き換えて私を悪く見せようとしている。
なんて不誠実なメディアなんだ!!

 

「いやいや、あれはツイッターでの個人的な意見だから」などということは、通用しないでしょう。過去の、ツイッターでの発言内容を見ると、まさに「売り言葉に買い言葉」と言うにふさわしいツイートが並んでいますが、言葉の応酬がヒートアップして、取り返しがつかない状況にならないことを祈るばかりです。

同じ懸念は米国国民も思っているようです。ウォールストリートジャーナル(WSJ)とNBCが行った最新の世論調査によると、約69%の成人が、トランプ大統領のツイッター使用に対して批判的であるという結果が出ました。

「大統領が即時に直接、国民と対話できるため」ツイッター使用が良いという意見に同意した人は、わずかに26%。また回答者の55%が、トランプ大統領のツイートに「強く反対する」としたのに対し、「強く支持する」という回答は、わずか9%でした。

【トランプ大統領のTwitter対する世論調査の結果】

%

| トランプのつぶやきが為替にも影響する!?

それはそうでしょう。あの感情的なツイッターでの発言が、冷徹な計算のもとに行われているなら、それはとてもすごいことですが、どうもこれまでのツイートを読む限り、「お前のかーさんデベソ」的な、子供の口喧嘩に近い感情レベルのものが多いような気がしてなりません。それをやっているのが、「核のボタン」を握っている人物なのですから、これはちょっと世界的にヤバイことなのではないかと思う次第です。

今後、何らかの形で、トランプ大統領のツイッター使用に制限が課せられるのかどうか、今の時点では分かりませんが、もしこのままツイッター報道官がトランプ発言を世界中にばらまき続けるのだとしたら、トランプ大統領のツイッター発言によって、為替相場が大きく動くことも十分に考えられます

最近は、トランプ大統領のツイッター発言を和訳してくれている、とても素敵な人もいらっしゃいます。英語が苦手な方は、この手のツイッターをフォローしておくと良いでしょう。

また、為替が動くというのは、言うまでもなく投資のチャンスでもあります。

ただ、いきなり投資を始めてドボン…とならないように、まずは、今のうちから口座を開いておくか、デモトレードから始めて慣れておきましょう。

デモトレードはコチラ[PR]

関連記事

外為学部

ページ上部へ戻る