投資を始めるなら最低でも20〜30万円がオススメ? その理由とは。

投資を始めるなら最低でも
20〜30万円がオススメ?その理由とは。

|投資は少額から始められると聞くけど、本当にそう?

 

投資は、少額から始められると聞きますが、本当にそうなのでしょうか?

答えはYESです。

たとえば株式について見ると、株価そのものが日本経済の長期低迷で安くなったことに加え、最低取引単位を1,000株から100株、あるいは10株に小口化する企業が増えており、仮に1株250円の株価で最低取引単位が100株なら、2万5,000円程度で投資できます。

また「外国為替証拠金取引」と呼ばれるFXであれば、取引総額に対して、その一部を「証拠金」という担保として納めれば良いだけです。仮に1ドル=100円の時、1万ドルを買おうとすると、日本円で100万円が必要ですが、FXなら証拠金として4万円程度を納めれば、この取引が出来るのです。

 

|少額の場合は、一度に大きく勝つには、レバレッジを広げる必要がある。

ただ、4万円などの少額から始める場合、相場が少し逆に動いた場合、すぐに強制決済されてしまいます。また、4万円で大きく勝とうと思うと、レバレッジを広げる必要があります。

レバレッジとは、「テコの原理」のことで、たとえばFXの場合、証拠金として4万円を預けた場合、最大25倍のレバレッジを掛けると、100万円の取引が行えます

【レバレッジとは?】

rev

 

仮に、1ドル=100円でレバレッジを全くかけない場合、4万円の証拠金で買えるドルは400ドルです。これに対して25倍のレバレッジだと1万ドルまで取引できるわけですが、当然、レバレッジが高くなるほど、大きく儲かる反面、損失を被った時のリスクも高まります

したがって、レバレッジはほどほどにしましょう。ちなみにプロの為替ディーラーでも、せいぜい3~4倍程度のレバレッジまでしか掛けないと言われています。個人がトレードをする際には、「プロでもレバレッジは3~4倍程度なんだ」ということを念頭に置いたうえで、ポジションを持つようにしましょう。

 

|強制決済されないためにも、最低でも20〜30万円から始めよう。

また、少額資金で大きな取引ができるということで、レバレッジを25倍ギリギリまで高めてポジションを持つ人がいますが、これだとマーケットが大きく動いた時、証拠金に余裕がなく、あっという間に退場させられてしまうケースがあります。

預託した証拠金額の8割程度の損失が生じると、強制ロスカットになり、その時点で退場になります。仮に4万円の証拠金で8割の損失だと、金額にして3万2,000円の損失が、強制ロスカットになるかどうかの境界線になります。

1ドル=100円の時に1万ドルを買った場合、評価額が96万8,000円まで目減りしたところで強制ロスカットですから、その時点の為替レートは1ドル=96円80銭です。3円20銭程度の幅は簡単に動きますから、預託した証拠金ギリギリまでポジションを取ると、簡単に強制ロスカットされてしまいます。

そうならず、ある程度損失が生じても強制ロスカットされないようにするためには、余裕を持って証拠金を預けることが肝心です。

仮に証拠金の額を40万円にし、レバレッジを3倍にするとどうなるでしょうか。

【証拠金40万円・レバレッジ3倍の場合】

chart

この場合、持てるポジションの総額は120万円です。1ドル=100円だと1万2,000ドルまでドルを買えることになります。40万円に対して8割の損失だと、ロスカットされる境界線の損失額は32万円。評価額が88万円まで目減りしたところで強制ロスカットですから、その時点の為替レートは1ドル=73円33銭になり、かなり円高方向に進んでも、強制ロスカットされません。

強制ロスカットされなければ、まだ相場の回復を待つチャンスにも恵まれます。その点でも、証拠金はある程度余裕を持たせ、かつレバレッジを低めにしてトレードすることを心がけてください。

関連記事

外為学部

ページ上部へ戻る