1勝9敗でもトータルプラスの法則!? 投資で利益を得ている人が実践していること

1勝9敗でもトータルプラスの法則!?
投資で利益を得ている人が実践していること


投資で1億円以上の利益を得た人に共通するのは、儲けることに対して驚くほど淡々としていることです。

投資というとガツガツ利益を取りに行くというイメージがあり、投資家はしばしば肉食獣に喩えられるわけですが、実際に投資で儲けている人に会って話を聞くと、驚くほどお金に対する欲がないのです。

恐らく、投資で成功するのは、欲をかかない人なのかも知れません。考えてみるに、欲をかくと、冷静な判断が下せなくなるからではないでしょうか。

 

|「あの時決済しておけば…」欲望が損失を大きくする。

50万円の含み益が出たとしましょう。含み益とは、まだ売却して利益を確定していないけれども、値段が上がっていて評価額が増えている状態の利益のことです。

ここですぱっと売却して利益を確定できれば良いのですが、人は欲深いので、「きっと70万円、100万円というように含み益が膨らむはずだ」と思ってしまいます。こう思った時点で、頭の中には欲望が渦巻いているわけです。

ところがマーケットは意地悪なもので、100万円まで膨らむと思っていた含み益が、逆に40万円、30万円というように萎んでしまうなんてことも、しばしばあります。そして、一度でも50万円の含み益を見た人は、まだ利益が残っているのに、30万円の含み益では決して満足できません。結果、さらに値下がりして利益を失ったり、損失を抱えてしまったりします。欲をかいたがために、投資に失敗する典型例といっても良いでしょう

また、投資で生じた損益を、自分の財布の中身に置き換える人がいます。結構、こういう人って多いのではないでしょうか。

たとえば100万円を投資したのが95万円に値下がりし、5万円の含み損が発生したとしましょう。あなたはどう思いますか?

「あ~、5万円あれば、あの服が買えたのに」などと、自分の財布の中身に置き換えて損失額を考えてしまうと「なんとしてでも、この損失を取り戻さなければ」という心理が働きます。この時点で、冷静な判断を欠いている恐れがあります。そして、こういう時、人は往々にして間違った判断を下します。

「このまま持ち続ければ、いつか元の値段に戻るはずだ」。

「少しでも早く損を取り戻したいから、投資するお金を増やして一発逆転を狙おう」。

ダメダメ。いずれも泥沼にハマる恐れがあります。いつか元の値段に戻るはずというのは、何の根拠もない期待感に過ぎませんし、一発逆転を狙った投資は単なるギャンブルです。

「お金を増やしたいなら知っておきたい!貯蓄と投資、投資とギャンブルの違いについて」の記事はコチラ

 

| 利益を得ている人はゲーム感覚で行っている?

ここで下すべき正しい判断は、もう一段下がる恐れがあるのかどうかを冷静に考え、さらに下がると思うなら、一旦、売却して損失を確定させることです。損失を確定させてしまえば、その後、さらに値下がりして、損失が10万円、20万円へと膨らむリスクを回避できます。

このように損失を確定できるようになるには、投資で生じた損益を、自分の財布の中身に置き換えないほうが、精神的にも楽になり良いのです。資産の額は単にゲームのスコアに過ぎないというくらいの感覚で見ておくとよいでしょう。

投資で成功している人は、研究熱心であるとか、負けず嫌いであるとか、他にも要素はありますが、最も根本的な部分は何かを考えると、お金を儲けて高級外車を買うとか、クルーザーを買うとか、そういう俗な欲望に対して極めて淡泊であるという傾向が、ほぼ共通して見られます。

 

|1勝9敗でも、利益が出せる!?損小利大が勝つためには大事。

【5勝5敗での成績例】

5-5

【1勝9敗での成績例】

9-1

まとめ

  • 投資はゲーム感覚で行うこと。
  • そのためには、負けが越しても焦らず「1勝9敗でも勝てる」と

いうことを頭に入れおくこと。

  • そして、損失を最小限にし、勝てる時に大きく勝つ。

上記を忘れず、投資に取り組みましょう。

関連記事

外為学部

ページ上部へ戻る