無料でお金を生み出す方法を身に付ける

無料でお金を生み出す方法を身に付ける

 

| 自分の資産を殖やす方法

自分の資産を殖やす方法は3つあります。

①働く
②節約する
③お金を運用する

でも、働くこと、節約することには限界があります。そもそも1日は24時間しかありませんし、24時間働き続けるのは不可能です。またいくら頑張って節約したとしても、自分の収入を超えるお金を生み出すことはできません。

さらに言えば、資産を殖やそうとしても、そこには「時間」という大きな壁が立ちはだかります。

22歳で社会人になり、60歳でリタイヤするまでの時間は38年間です。とても長い時間のように思えますが、一財産を築くには、いささか短いくらいでしょう。だから、50代になっても貯蓄ゼロという世帯が、全体の29.1%もあるのです。

50代以上で平均貯蓄額0円が約3割に!?

 

| 運用で年利5%は難しくない!?

時間が限られている以上、①や②の方法だけに頼っていては、効率良く資産を殖やすことは出来ません。そこで運用が大きな意味を持つようになります。

では、どうやって運用すれば良いのでしょうか。

比較的安全に運用する方法としては、「世界中の株式や債券に資産を分散させ、そのポートフォリオを長期間保有することによって、年平均3~5%程度のリターンを着実に狙う」というものです。世界経済は年3%程度ずつ成長しているので、世界中の株式や債券に分散投資すれば、この程度のリターンは比較的簡単に実現します。しかも、最初に決めたポートフォリオを保有し続けるだけなので、運用自体にそれほど手間がかかりません。

でも、もう少し高めのリターンを狙うなら、多少の勉強も必要になります。なぜなら、長期保有だけでなく、「トレードする」ことも必要になるからです。

ただし、トレードによってお金を生み出すためには、値動きの方向を的確に予測し、安いところで買い、高いところで売るのを繰り返すことによって、収益を積み重ねていく必要があります。

ただ、「言うは易し」とはまさにこのことで、値動きの方向を的確に予測することも、安値で買い、高値で売ることも、決して簡単なことではありません。ある程度の慣れが必要になってきます。要するに、トレードの経験を積むことが肝心になってくるのです。

| 仮想通貨でトレードの経験を積む

そこで活用したいのが、証券会社などが提供している「デモ・トレード」です。あくまでもデモなので、無料で口座を開設でき、ホンモノのお金を使う必要はいっさいありません。

これなら、たとえトレードで失敗しても、自分の大事なお金を失わずに済みます。しかも、実際のマーケットと同じ環境でトレードの練習ができるので、トレードの腕を磨く近道になるのです。

日本ではじめてFXのサービスを開始したひまわり証券もその1つです。FXは、24時間取引チャンスがあるため、トレードを試すにはもってこいです。デモ口座を開いて、仮想通貨でトレード経験を積んでみましょう。

仮想通貨でトレードしてみるひまわり証券デモトレードはコチラ
無料セミナーに参加する(ひまわり証券セミナーはコチラ

関連記事

外為学部

ページ上部へ戻る